2013
▽論文誌
視覚障害者のための墨字学習支援システムの開発と評価
 松本 多恵 , 伊奈 諭 , 高田 雅美 , 城 和貴
  情報処理学会論文誌数理モデル化と応用(TOM),6(2),128-136 (2013-08-21) , 1882-7780
α波構成要素の切出しと解析
 石川由羽 , 高田雅美 , 城和貴
  情報処理学会論文誌数理モデル化と応用(TOM),6(2),93-103 (2013-08-21) , 1882-7780
遺伝的プログラミングを用いた近代書籍からのルビ除去
 粟津 妙華 , 高田 雅美 , 城 和貴
  情報処理学会論文誌数理モデル化と応用(TOM),6(2),53-62 (2013-08-21) , 1882-7780


▽国際会議
Ontology Construction Support for Specialized Books
 郎uki Eguchi, Yuri Iwakata, Minami Kawasaki, Masami Takata, Kazuki Joe
  露n Proceedings of Semantic Technology Third Joint International Conference(JIST2013), LNCS 8388, 159-174 (2014)
A Multi-fonts Kanji Character Recognition Method for Early-modern Japanese Printed Books with Ruby Characters
 狼aeka Awazu, Manami Fukuo, Masami Takata and Kazuki Joe
  露nternational Conference on Pattern Recognition Applications and Methods (ICPRAM 2014), 637-645 (2014.3)
Biometrics Authentication using Another Feature of Heartbeat Waveform
 漏yoko Nomura, Tomohiro Umeda, Naoko Yoshii, Masami Takata and Kazuki Joe
  錬IOSIGNALS 2014 - International Conference on Bio-inspired Systems and Signal Processing, 311-317 (2014.3)
Locality Analysis for Characterizing Applications Based on Sparse Matrices
 朗oboru Tanabe, Sonoko Tomimori, Masami Takata, Kazuki Joe
  榔roceedings of The 2013 International Conference on Parallel and Distributed Processing Technologies and Applications (PDPTA 2013), Vol.I, pp.299-315 (2013.7)
Future Irregular Computing with Memory Accelerators
 朗oboru Tanabe, Junko Kogou, Sonoko Tomimori, Masami Takata, Kazuki Joe
  炉UTURE COMPUTING 2013, The Fifth International Conference on Future Computational Technologies and Applications, pp.74-80, (2013-05-27)
Preliminary Evaluation of the Potential of Intracache-Line Optimization in Graph Processing
 朗oboru Tanabe, Sonoko Tomimori, Masami Takata, Kazuki Joe
  聾ork in Progress Session in conjunction with the 21st Euromicro International Conference on Parallel, Distributed and Network-Based Processing(PDP2013) ISBN 978-3-902457-37-0
Character of Graph Analysis Workloads and Recommended Solutions on Future Parallel System
 朗oboru Tanabe, Sonoko Tomimori, Masami Takata, Kazuki Joe
  狼he 13th International Conference on Algorithms and Architectures for Parallel Processing (ICA3PP-2013),PartT,LNCS 8825,pp.402-415 (2013)


▽シンポジウム
次世代HPC・Enterprise統合基盤のためのアプリ上の共通の特徴
 田邊 昇, 冨森 苑子, 高田 雅美, 城 和貴
  ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム(HPCS2014)ポスター (2014-01-07)
疎行列キャッシュに基づくGraph500ベンチマークの特性解析
 田邊 昇, 冨森 苑子, 高田 雅美, 城 和貴
  先進的計算基盤システムシンポジウム論文集, 2013, pp.158-161 (2013-05-15)
Xeon(R) PhiTMのGather命令とHMC内のGatherの差異
 冨森苑子,田邊昇,高田雅美,城和貴
  先進的計算基盤システムシンポジウム(SACSIS’13)ポスター,pp126-127 (2013.5)


▽研究会
スマートヘルスケアのための身体活動レコメンドシステム
 洞渕彩未,梅田智広,高田雅美,城和貴
  第32回セマンティックウェブとオントロジー研究会, SIG-SWO-A1303-02(2014-03-05)
オントロジーの概念自動追加
 川嵜美波,江口由記,岩片悠里,高田雅美,城和貴
  第32回セマンティックウェブとオントロジー研究会, SIG-SWO-A1303-05(2014-03-05)
多フォント漢字認識手法における各カテゴリと必要教師データ数の分析
 粟津妙華 , 福尾真実 , 高田雅美 , 城和貴
  情報処理学会研究報告数理モデル化と問題解決(MPS),2014-MPS-97(10),1-6 (2014-02-24)
オントロジーを用いた建造物のバリアフリー度判定
 松本 百世 , 高田 雅美 , 城 和貴
  情報処理学会研究報告数理モデル化と問題解決(MPS),2014-MPS-97(15),1-6 (2014-02-24)
複数の3軸加速度センサを用いたNon-Exercise Activity Thermogenesisを含む身体活動のモデル化
 中尾 京子 , 梅田 智広 , 高田 雅美 , 城 和貴
  情報処理学会研究報告数理モデル化と問題解決(MPS),2014-MPS-97(21),1-6 (2014-02-24)
脳波個人認証のための特徴抽出
 石川由羽 , 吉田智奈美 , 高田雅美 , 城和貴
  情報処理学会研究報告数理モデル化と問題解決(MPS), 2014-MPS-97(20), 1-6 (2014-02-24)
定在波レーダを用いた距離画像の構築
 張 菁, 梅田 智広, 高田 雅美, 城 和貴
  情報処理学会研究報告数理モデル化と問題解決(MPS), 2014-MPS-97(19), 1-6 (2014-02-24)
疎行列ベクトル積性能を決める諸要因
 田邊昇 , 冨森苑子 , 高田雅美 , 城和貴
  情報処理学会研究報告ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC),2014-HPC-143(7),1-10 (2014-02-24)
3次元形状データにおける色段差を利用した特徴抽出法の提案
 柳澤 希美 , 高田 雅美 , 城 和貴
  情報処理学会研究報告グラフィクスとCAD(CG),2013-CG-153(20),1-6 (2013-11-21)
アーキテクチャの進歩を促進するGraph500ベンチマークのあり方
 田邊 昇 , 冨森 苑子 , 高田 雅美 , 城 和貴
  情報処理学会研究報告ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC),2013-HPC-141(18),1-9 (2013-09-23)
Graph500のHybrid解法に内在する局所性
 田邊 昇, 冨森 苑子, 高田 雅美, 城 和貴
  情報処理学会研究報告ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC),2013-HPC-140(27),1-8 (2013-07-24)